2016/08/31 14:14:31 |
交通事故の被害に遭うと、怪我の程度によっては相手側の保険会社に対して慰謝料金額に関する話し合いをすることとなります。もちろん怪我の治療費なども含めてですが、証明書などが無い慰謝料の場合には金額を左右するのは示談における話し合いの内容です。被害者となってしまった方は当然ながら多くの慰謝料を得たいと考えるものですが、保険会社としては怪我の治療費の支払いに加え、さらに大きな負担となる慰謝料は支払いたくないと考えるものです。両者の異なる言い分でぶつかることとなるので、交通事故における示談というものはそうそうスムーズに進むものではありません。示談が長引くと被害者側が不利になる状況も出てきてしまい、怪我の...
2016/08/31 14:14:31 |
弁護士に何らかの問題解決を依頼するとなると、弁護士費用が必要となります。相談だけであれば無料の弁護士も、依頼をするとなるとどうしてもお金がかかってしまいます。ボランティアでやっているわけではなく、弁護士とは言っても商売となるために仕方がありませんが、かかる費用に関しては高くもなく安くもないところにしておくのが無難です。弁護士費用を重視するばっかりに実績のない弁護士に依頼をしてしまうと、満足のいく解決ができない可能性があるためです。基本的に弁護士も良いサービスを提供してくれるところ、強い力を持つ大手ほど費用が高くかかるものです。しかし、弁護士費用にもある程度の相場のようなものがあるため、周りと比...
2016/08/31 14:14:31 |
借金の返済ができなくなってしまった場合には、そのままにしておくと差し押さえになる可能性があります。差し押さえで最も多いとされているのが給料で、毎月得ている給与所得から一定割合まで強制的に取られてしまいます。こうなると会社にも借金の存在もばれてしまい、さらに差し押さえになるまで支払いをしていないことも分かります。何も公表をするわけではありませんが、差し押さえを行うにあたって勝手には進められないので、給与の支払いを行う会社側にも知られてしまうのです。ここまで来る前に何とかしなければなりませんが、借金が返せないからと借金整理を自己破産で行うとなると、マイホームを持っている方が気になるのが財産の清算で...
2016/08/31 14:14:31 |
通常、返せなくなった借金の整理を行うにあたっては、どうしても信用情報機関への事故情報の登録などのデメリットがついてきてしまいます。当初の契約通りの返済ができなくなったわけなので仕方が無いことですが、状況によってはデメリット無く借金整理が行える場合もあります。デメリット無くというよりは、既にデメリットとなる信用情報機関への事故情報の登録がされている場合には新たに登録されることもないので、借金整理を行うにあたっても状況は変わらないといっただけです。詳しく説明すると、例えば払えなくなった借金の整理に任意整理を利用するとするなら、支払い計画の合意までの期間は返済がストップするため、長期の延滞を示す「異...
2016/08/31 14:14:31 |
裁判にまで発展するような離婚の状況では、当事者同士ではなくまずは弁護士に相談をすべきです。どのような理由で離婚となるのか、慰謝料の金額は折り合いがついているのかなどしっかりと事前に相談をしておけば、より有利な条件で離婚が成立できます。離婚となる原因にもよりますが、例えば浮気による離婚の際には慰謝料の金額が大きくなる場合があります。大きくなるとは言ってもしっかりと弁護士に進めてもらった場合で、離婚裁判に強い弁護士以外では思うような慰謝料の金額とはならない場合があります。多くの慰謝料を獲得して離婚を成立させると考えるなら、浮気が原因であるなら決定的な証拠を抑える必要があります。証拠も無く疑いだけで...