借金整理をデメリット無く行える状況も存在する

通常、返せなくなった借金の整理を行うにあたっては、どうしても信用情報機関への事故情報の登録などのデメリットがついてきてしまいます。当初の契約通りの返済ができなくなったわけなので仕方が無いことですが、状況によってはデメリット無く借金整理が行える場合もあります。

 

デメリット無くというよりは、既にデメリットとなる信用情報機関への事故情報の登録がされている場合には新たに登録されることもないので、借金整理を行うにあたっても状況は変わらないといっただけです。

 

詳しく説明すると、例えば払えなくなった借金の整理に任意整理を利用するとするなら、支払い計画の合意までの期間は返済がストップするため、長期の延滞を示す「異動」とされる記載が信用情報機関にされます。異動は言わば事故情報であり、長期の返済滞納などをしてしまうと記載がされ、借金の整理の有無を問わずに数ヶ月に渡って返済を行わないと起債される可能性があります。

 

つまり、既に借金返済を長期に渡って滞納をしてしまっている方は、信用情報機関に事故情報となる異動が付いている可能性があります。その状態で任意整理を行っても、日にちがずれ込むだけで追加で異動の記録がされるわけではないので、任意整理特有のデメリットはなくなるというわけです。

 

とは言っても任意整理は気軽に行うべきではなく、しっかりと返済ができている方ならできることなら用いることなく支払いを進めていくべきです。弁護士に依頼をするとしても自身で進めるとしても、どちらにしても状況次第では任意整理のデメリットを受ける可能性があるため、借金整理は慎重になるべきなのです。