慰謝料問題に発展する交通事故の被害者が駆け込む

交通事故の被害に遭うと、怪我の程度によっては相手側の保険会社に対して慰謝料金額に関する話し合いをすることとなります。もちろん怪我の治療費なども含めてですが、証明書などが無い慰謝料の場合には金額を左右するのは示談における話し合いの内容です。

 

被害者となってしまった方は当然ながら多くの慰謝料を得たいと考えるものですが、保険会社としては怪我の治療費の支払いに加え、さらに大きな負担となる慰謝料は支払いたくないと考えるものです。両者の異なる言い分でぶつかることとなるので、交通事故における示談というものはそうそうスムーズに進むものではありません。

 

示談が長引くと被害者側が不利になる状況も出てきてしまい、怪我の治療が長期化しているとしても示談が成立しないと治療費の支払いが止められてしまう場合があります。もちろん保険会社も勝手に止めるのではなく、事故の状況や過去の事例から判断をするのですが、こうなってくると素人で保険会社を相手に示談を有利に進めるのは難しくなってしまいます。

 

もともとが保険会社は示談のプロとも言えるので、素人が相手にしたところで有利な条件での示談成立とするのは難しいです。治療費をまんがくしっかりと受け取り、慰謝料も損をしない金額で得るためには交通事故示談に強い弁護士に依頼をし、解決をしてもらうのが手っ取り早いです。

 

最近では交通事故の示談を行う弁護士も増えてきており、事故件数が多い愛知県では多くの弁護士事務所で被害者側が有利になる示談を進めてくれるようになっています。困ったときには愛知の交通事故示談を弁護士に依頼し、損をしない内容で進めてもらうべきでしょう。