借金が返せなくなっても財産を清算しなくても良い

借金の返済ができなくなってしまった場合には、そのままにしておくと差し押さえになる可能性があります。差し押さえで最も多いとされているのが給料で、毎月得ている給与所得から一定割合まで強制的に取られてしまいます。

 

こうなると会社にも借金の存在もばれてしまい、さらに差し押さえになるまで支払いをしていないことも分かります。何も公表をするわけではありませんが、差し押さえを行うにあたって勝手には進められないので、給与の支払いを行う会社側にも知られてしまうのです。

 

ここまで来る前に何とかしなければなりませんが、借金が返せないからと借金整理を自己破産で行うとなると、マイホームを持っている方が気になるのが財産の清算です。自己破産をするとなればマイホームは手放さなければならず、せっかく買った自分の家がなくなってしまいます。

 

借金整理を自己破産で行うとなると財産の清算も必要となってしまいますが、自己破産以外で借金の整理をするのであれば清算は必要ありません。代表的な手続きとして挙げられる任意整理であれば自宅を手放すことなく、借金の返済計画を見直した整理が可能となります。

 

ただ、任意整理は自己破産とは異なり自身で支払いを続けていく必要があるため、支払いが可能な範囲の借金であり、さらに支払いを続けられるだけの収入を得ていなければなりません。どちらかが欠けていると任意整理は難しくなるので、詳しくは弁護士に相談をして確認をしてみましょう。